公明党京都府議会議員団
2007-12-20

北山文化施設群に立地する府の各施設を視察。

07年6月12日、公明党議員団は、京都府立大学など北山文化施設群(京都市左京区)に立地する府の各施設を相次いで視察しました。

 議員団が訪れたのは、府立大学のほか府立総合資料館、府立植物園です。

 同地域には、府の文化・芸術施設が集積しており、これまで同議員団は、各施設の連携強化と一体的活用を図ることにより、地域の潜在力を発揮すべきだと提案してきました。
 府立大学では竹葉剛学長らから、府立医大との連携強化などを通じ、「地域や府民の課題に対応できる大学を目指す」との考えが示され、公明党議員からは地域への貢献に期待を表明しました。
 国宝の「東寺百合文書」など歴史都市・京都ならではの貴重な資料を収蔵する府立総合資料館では、辻逸司館長らが、府立大とも連携し「府民への成果の還元」という期待に応える施設にしたいと強調。

 府立植物園では松谷茂園長が、高い技術の継承などが課題になっている、との説明がありました。
 一行は、このほか京都土木事務所を訪問し、小泉和秀所長らから、鴨川の治水対策などの課題について説明を受けました。

関連記事