公明党京都府議会議員団
2008-06-03

「クールアース・デー」(地球温暖化防止の日)の創設等を求める要望書を提出。

08年6月3日、公明党議員団は、猿渡副知事と面談し、「クールアース・デー」(地球温暖化防止の日)の創設等の取り組みを通じた、地球温暖化防止のための事業を推進する要望書を提出しました。

 

平成20年6月3日

京都府知事 山田 啓二 殿

公明党 京都府議会議員団

団長 角替 豊

 

「クールアース・デー」(地球温暖化防止の日)の創設等を求める要望書

 

近年、乾燥地域の拡大や氷河の後退、異常気象の頻発、海面上昇等、地球温暖化の影響によるものと指摘される事象が地球規模で顕在化している。
こうした環境・気候変動問題等を主要テーマに、本年7月、日本を議長国として北海道洞爺湖サミットが開催される。「環境立国」を目指すわが国が、サミット開催国として世界に向けて積極的に議論をリードするとともに、地球温暖化防止に向けた国民的取り組みを、より一層推進する責務があることは論を待たない。公明党では、北海道洞爺湖サミット初日7月7日を「クールアース・デー」と宣言し、七夕の夜、家庭の電気を消して星空を見ながら地球に思いをはせる等の行動・啓発の日にする事を提言している。
既に京都では京都議定書誕生の地にふさわしい先導的役割を果たすため、条例で国の目標を上回る温室効果ガス10%削減の目標を掲げ、府民総参加による地球温暖化対策に全力を挙げて取り組んでいるところである。
今後、京都府においては山田啓二知事のリーダーシップのもと地球温暖化防止に向けた取組へのさらなる意識向上のため、以下の事項を推進するよう強く要望する。

 

 

 

  1. 北海道洞爺湖サミット開催初日の本年7月7日を「クールアース・デー」とし、地球温暖化防止のためのライトダウン運動など啓発事業を実施すること。
  1. この七夕の日でもある7月7日を地球温暖化防止のために行動する日と定め、府民と共にライトダウンなどの事業を京都として実施すること。
関連記事