公明党京都府議会議員団
2010-12-03

平成23年度京都府予算に対する要望書を知事に提出。

平成22年11月20日、公明党京都府議会議員団は、府の来年度予算編成に関する要望書を、山田知事に提出しました。

 

 

京都府知事

山田啓二様

平成23年度京都府予算編成に対する予算要望書

新たな地方自治の確立と安心・安全の京都府の構築を目指して!

 

 

 

公明党京都府議会議員団

団長 角替 豊
代表幹事 山口 勝
村井 弘
諸岡 美津
国本 友利
林 正樹

 

平成22年11月

 

リーマンショック以来、世界経済の落ち込み、円高による国内の丌況は、未だ回復状況とはなっておらず、雇用丌安も深刻な状況が続いている。外交においても、中国、ロシア、アメリカまでも安定した関係とはならず、国民の多くが、国内外の諸課題に丌安や閉塞感を感じている。
先の参議院選挙では、昨年の政権交代の熱病ともいえる民主党勝利の結果から一転し、ねじれ国会での国政の丌安定要素も拍車をかけている。また、地方においても、二元代表制たる首長と議会の関係、とりわけ、議会のあり方に厳しい眼が向けられており、我々、議員はより一層の議会活動、議員活動の改革・充実に向けての取り組みが求められている。
そのような状況の下、議会は付不されている権能の審議・議決機関としての役割を今まで以上に果たさなければならない。
その意味において、我々は、京都府における諸課題を的確に捉え、真に府民生活を守り、希望の持てる予算編成が成されていくことに注視し、生活現場での声を拾い上げた、様々な提案を受け入れるよう望むものである。関西広域連合もスタートし、広域行政の新たな展開が期待されると同時に、きめ細やかな施策の展開が求められている。
本年4月に三期目の当選を果たされた山田知事におかれては、マニフェストで掲げられた公約を着実に実行していく責務は重要である。地方自治のあり方、地域主権のあり方が真に問われていく時代にあって、京都府のさらなる発展と安心・安全のまちづくりを推進していくためにも、府民目線に立った予算編成に着手すべきである。
よって、我々、公明党京都府議会議員団は、新たな地方自治の確立と安心・安全の京都府の構築を目指して、次の予算要望を提示するものである。
山田知事におかれては、この予算要望を真摯に受け止め、予算編成に当たられることを強く要望する。

関連記事