公明党京都府議会議員団
2011-08-01

節電対策に取り組む府下の企業を視察。

7月25日(月)、公明党京都府議団は、京都府宇治市の企業を訪問し、同社の節電対策等を視察調査しました。これには村井弘、林正樹、小鍛治義広の各議員が参加しました。
同社では、3年前の工場新設に伴い、社内の空調を集中管理するプログラムを開発。
LED導入や屋上緑化を行うとともに社員の意識啓発にも取り組むなど、コストダウンと環境意識醸成の一環として節電に取り組んでおられます。

また、将来を見据えた事業展開や人材育成にも果敢に挑戦しておられ、伸びゆく企業の力強さを実感いたしました。
懇談では行政が行う中小企業支援策は手続きが煩雑で敷居が高すぎる、とのご意見もお受けしました。

今後も、中小・小規模企業の現場のニーズに即した支援策を拡充できるよう全力で取り組んでまいります。

 

(※この模様は7月31日の公明新聞1面に掲載されました)

関連記事