公明党京都府議会議員団
2012-11-19

平成25年度京都府予算編成に対する要望書を知事に提出

 2012年11月21日、公明党京都府議会議員団は、府の来年度予算編成に対する要望書を、山田知事に提出しました。

 

京都府知事 山田啓二様

 

 

         平成25年度京都府予算編成に対する予算要望

      [防災・減災対策の強化で、生命を守る京都府政の発展を]

 

 今、世界も日本も大きな変化の真っただ中にある。リーマンショック以後十分

な景気回復がないうえ、追い打ちをかける記録的な円高、ブーメラン現象といえ

る産業への打撃、さらにユーロ危機が日本経済の前途に暗い影を投げかけて

いる。

 国内では、東日本大震災の復興、少子高齢化で待ったなしの社会保障制度の

改革、デフレ経済脱却による景気回復、巨大地震等自然災害への備えなど国民

の命を守る防災・減災対策の強化、原子力発電の安全対策や再生可能エネル

ギーの推進、地域主権型道州制の導入等、国の進路を問い直す課題が山積して

いる。今こそ、確固たる信念のもと、[日本再建]に立ち向かわなければならない。

 京都府においても、税収が減収する中、円高から府内企業を支え、地域雇用を

守り、府民福祉のさらなる向上とともに、集中豪雨や大地震への対策など、防災・

減災への取組が喫緊の課題となってきている。

 公明党議員団は、住民福祉のさらなる増進に向け、その役割を今まで以上に

果たしながらこれらの課題に対処するとともに、地方分権を進め、雇用を創り、府

民の生命を守り、生活を支えるための希望の持てる京都府づくりを求め、ここに

平成25年度の予算要望を提案する。

 よって、山田知事におかれては現下の状況を踏まえ、この要望を予算編成に反

映されることを強く要望する。

                                        平成24年11月

    

                                  公明党京都府議会議員団

                                          団長 山口勝

                                       代表幹事 村井弘 

                             諸岡美津/林正樹/小鍛治 義広

 

平成25年度予算要望

 

 

関連記事