公明党京都府議会議員団
2020-01-31

「新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急要望」を提出

2020年1月31日、公明党京都府議会議員団は、「新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急要望」を西脇知事に提出しました。

 

令和2年1月31日

京都府知事
西脇 隆俊 様

公明党京都府議会議員団

 

新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急要望

 

 中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる感染症は感染者数・死亡者数ともに急増しており、世界各地にも感染が拡大している状況を踏まえ、世界保健機関(WHO)が30日、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言した。

   同日には京都市在住の中国人留学生20代女性から新型コロナウイルス検出報告があり、訪日外国人が多数訪れる京都府においても感染拡大する可能性が高まっている。

  こうした状況を踏まえ、本府では感染拡大防止に向けて対策本部の設置、相談窓口の開設等、緊急対策に取り組んでいるが、府民の安全・安心を確保し、不安を解消するため、国、市町村や関係団体と更なる連携を図り、下記の項目に留意しつつ、感染の拡大防止に向けた対策の強化に全力を挙げることを強く要望する。

 

1. 府民をはじめ教育機関、社会福祉施設、宿泊施設等に対する適切な情報提供を図るとともに、感染防止対策の取組を強化すること。

2.   感染症指定及び外国語対応可能な医療機関での診療体制に万全を期すこと。

3.  府内市町村との連携を強化するとともに、関西広域連合等の枠組みも活かしながら、近隣府県との広域的な対応について早急に体制を整えること。

4.  観光業など府内各産業への影響を適切に把握し、必要に応じて国とも連携しながら支援策を講じること。

 

 

 

 

関連記事