公明党京都府議会議員団
2022-01-26

「新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急要望」を提出

2022年1月26日、公明党京都府議会議員団は、「新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急要望」を西脇知事に提出いたしました。

令和4年1月26日

京都府知事
西脇 隆俊 様


公明党京都府議会議員団

「新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急要望」

 新型コロナウイルス感染症は、全国で急拡大しており、従来株と比べて感染力が強い「オミクロン株」の影響による感染拡大の勢いは、過去に例をみないものとなっている。

 京都府における新型コロナウイルス感染症新規陽性者数も連日過去最多を更新し、医療提供体制への負荷が重くなりつつある状況も踏まえ、1月27日から2月20日までの期間、京都府が4回目となる「まん延防止等重点措置区域」に追加されることとなった。
 この期間、府民や事業者の皆様の理解と協力を得ながら、感染拡大防止策の更なる徹底とワクチン接種事業の前倒し、かつ円滑な実施に取り組み、この厳しい状況を乗り越えなければならない。
 公明党京都府議会議員団は、現下の厳しい状況を踏まえ、以下の要望事項をとりまとめ、西脇京都府知事に要望書を提出するものである。

 西脇知事におかれては、この要望を真摯に受け止められ、今後、本府が取り組む新型コロナウイルス感染症対策に反映され、安心・安全な施策を精力的に推進されることを強く求めるものである。

  1. オミクロン株の特性や最新の症例に合わせた措置が講じられるよう、専門家の知見を踏まえた感染防止に係る留意点等など、具体的かつ有効な情報提供を行うこと。
  2. 早期の発見・治療のため、症状のある人の検査及び陽性者の受診・治療が速やかに行えるよう、検査・診療体制をさらに拡充すること。
  3. 府民に不安を与えない、安心できる医療提供体制の維持・確保のため、入院の可否判断の適確性を明確にするとともに、すべての宿泊・自宅療養者に対する健康観察や訪問診療体制の拡充・強化を図ること。
  4. 3回目となるワクチン接種については、国に対して必要な量を供給するよう求めるとともに、早期接種に係る府独自事業を積極的に推進し、市町村や職域における接種進捗状況を踏まえた広域連携・総合調整をきめ細やかに行うこと。
  5. 3回目のワクチン接種では、2回目までと比べてモデルナ社の比率が高い見込みであることから、交互接種への理解促進を図ること。また、12歳未満の子どもに対する効果や副反応に関する安全性などの情報を、分かりやすく丁寧に発信すること。
  6. 経口抗ウイルス薬については、国に安定した供給を求めるとともに、必要な人に迅速に届けられる体制の整備を図ること。
  7. 時短営業に係る協力金については、制度の詳細を分かりやすく発信し、その周知徹底を図ること。また、審査処理・支給事務をより一層迅速化すること。

 

関連記事